よくあるパソコントラブル事例

パソコンの起動が遅い!

パソコンを使用していて動作が遅い場合は、部品故障であればHDDが故障している可能性がございます。
この場合、傾向としては突然遅くなることが多いです。
システムトラブルの場合、OSやアプリケーションの異常やウィルス感染などが考えられます。
また、搭載メモリが少ない場合やアプリケーションを同時に沢山使用した場合にも同じような症状が発生いたします。
ウィルス感染も考慮し、早めの対処を推奨します。
パソコンのHDD故障の場合にはデータ消失リスクがありますので早めにご相談ください。
システムトラブルの場合は、原因を特定しパソコントラブルを解決いたします。
お使いのパソコンの搭載メモリが少ない場合は、メモリ増設やシステムメンテナンスなどで対処することも可能です。
さいたま市大宮区 Y様 ウィルス感染

パソコンの動作が遅く、起動してすぐに見かけない画面が表示されるようになってしまったということで修理のご依頼でした。
先日インターネットを見ていたところ突然警告画面が表示されるようになってしまい、その後起動すると必ずドライバエラーの警告画面が表示されてしまう状況でした。
お調べしたところ、メンテナンスをしなさいと警告するアドウェア系のウィルスに感染している状況で、アドウェアも10件近くインストールされていました。
その為、パソコンの動作も遅くなっておりました。部品故障なども診断しましたが特に異常はありませんでした。その場でウィルス駆除を行い、1時間ほどで作業は完了しました。
また、普段更新しておかなければいけないソフト(Adobe Flash Player・Adobe ReaderやJAVA)などの更新も行い今後同じ状況にならないように対処いたしました。
パソコンは、更新しなければならないソフトを更新しない状況で使用すると、インターネットの画面を開くだけで勝手にソフトがインストールされてしまうなどの不具合が発生します。
このような状況にならないためにも、日常から更新するソフトを忘れずに更新するようにご案内して作業完了いたしました。
お客様も普段から沢山アップデートのメッセージが出ていたが何をして良いかわからないから放置していましたと仰っておりました。

上尾市 O様 メモリ搭載不足
使用しているパソコンの動作が遅いということでお伺いしました。 お調べしたところ、部品故障やウィルス感染などは無く、搭載メモリが2GBしか搭載されていない状況でした。 新聞で掲載されていたDELLの一番安いパソコンを購入したということで、Windows7だとメモリが4GBは搭載しないとメモリ不足になってしまう状況でした。 また、沢山ソフトをインストールしている状況だったため、普段使用しないソフトを削除したり停止したりして対処することにしました。 その場でメモリを4GBに増設して、パソコンの動作が速くなるように不用なソフトの削除・停止などのシステムメンテナンス作業を行いました。 その結果、起動までに5〜6分ほど掛かっていたパソコンが2分ほど、インターネットやメールなどの起動も1〜2分掛かっていたものが20〜30秒くらいでスムーズに起動するようになりました。 お客様もこれまでは、パソコンの電源を入れるのも嫌になっていたけれども、これからはストレス無く使用できるので、沢山パソコンを使用したいと仰っていました。
パソコンのトラブル・修理はデジタルパソコンクリニックへご用命ください。24時間年中無休で対応 電話受付 9:00〜22:00